鬼滅の刃の映画 無限列車編について紹介!予告動画やネタバレあり!

大人気漫画『鬼滅の刃』。2020年10月16日にはついに映画も公開されます。

『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』と題し、コミックスにも登場した無限列車での戦いが描かれる予定です。

アニメが終わってしばらくたっていたので、久しぶりに新しいアニメーションが見られるというのはうれしいですね。

ここではまだ無限列車編を知らない人のために、コミックスの内容のネタバレを紹介します。ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

鬼滅の刃の映画 無限列車編の予告動画

無限列車は十二鬼月の下弦の壱・魘夢(えんむ)が操っている列車です。

魘夢は夢を操る鬼。楽しいけれど本当は辛い夢が炭治郎たちに襲い掛かります。普通の人間も乗車しており、炭治郎たちは人間たちを守りながら強敵・魘夢と戦わなければなりません。

そして今回の任務は頼もしい味方、炎柱である煉獄杏寿郎も一緒です。同期仲間である善逸や伊之助、そしてもちろん禰豆子もともに戦います。

下弦の鬼トップの魘夢の悪夢に炭治郎たちは打ち勝つことができるのでしょうか。

鬼滅の刃の映画 無限列車編のネタバレ

炭治郎は禰豆子を連れ、善逸、伊之助とともに無限列車へ乗り込みました。

列車の中にはお弁当を元気に食べている男がいます。彼の名前は煉獄杏寿郎。鬼殺隊最高位である柱のうちの炎柱を名乗る人物です。

無限列車では短期間で40人以上の人が行方不明になり、送り込まれる鬼殺隊剣士たちも消息がわからないままになっています。そのため柱である煉獄杏寿郎が送り込まれることになったのです。

伊之助は初めて見る列車のスピードに大興奮し、善逸は相変わらずいつ出てくるかわからない鬼におびえています。

そこへ車掌が切符と切りに来ましたが、炭治郎は嫌な匂いに気づきました。

現れたのは異形の鬼です。ここは炎柱・煉獄杏寿郎が動きました。

ー炎の呼吸・壱の型・不知火―。

一瞬で鬼の首は斬れ、倒れました。周りにいた炭治郎たちは煉獄杏寿郎の技に驚きます。

煉獄は称賛を浴びていますが、なんとそれは全部夢の中の出来事だったのです。煉獄と炭治郎たちは、切符を切りにきた車掌に、気づかないうちに眠らされていたのでした。

そして列車の上ではその様子を下弦の壱・魘夢が見ていました。魘夢は夢を操る鬼。通称“眠り鬼”とも呼ばれ、人間を眠らせ、夢の中に閉じ込めるという血鬼術を使います。

そして夢の中で人間の原動力でもある“精神の核”を破壊するというのが魘夢の目的なのでした。

善逸は禰豆子と駆け回る幸せな夢をみています。

伊之助は洞窟探検が楽しそうです。

煉獄は柱になったことを父親に報告へ行こうとしています。

そして炭治郎は殺されたはずの家族と一緒に幸せな生活を送っていました。

魘夢に命令された人間は、精神の核を破壊しようと夢の中へやってきます。あやうく精神の核を破壊されそうになった煉獄でしたが、本能でそれを防ぎ、眠った状態のまま人間の首をつかみ、動きを封じます。

しかし人間を殺すことはできないので、その状態のまま自分も動けなくなってしまいました。

一方炭治郎は夢の中で家族と過ごしていましたが、水面にうつる自分が呼びかける声でこれが夢であるということに気づきます。しかし気づいたからといっても夢から覚めることができません。

列車の中では眠っている炭治郎のそばで禰豆子が目を覚ましました。そして炭治郎につながれている縄を血鬼術で焼き切ります。

夢の中の炭治郎も炎に包まれながら禰豆子の血や匂いを感じ、日輪刀が覚醒します。気づくと隊服にも身を包んでいます。

炭治郎は名残惜しいですが家族のもとを離れ、夢から覚める方法を考えました。そしてその方法とは夢の中の死、つまり自分の首を斬ることだと気づいたのでした。

自らの首を斬りつけた炭治郎は目を覚まします。無限列車の中では縄でつながれたみんなが眠っており、禰豆子がそばについていました。

炭治郎は禰豆子に縄を焼き切るように言い、自分は列車の外に飛び出しました。列車の上には魘夢がたっています。

炭治郎は魘夢の首を斬りつけました。しかし魘夢は死にません。魘夢の本体はそこにはなく、無限列車自体が魘夢となっていたのです。

列車の中では禰豆子が切符を燃やしたため、善逸・伊之助、そして煉獄が目を覚ましていました。

煉獄は炭治郎に的確に指示を出します。

その指示によると、車両の守りは煉獄・善逸・禰豆子が行い、炭治郎と伊之助はどこかにある鬼の急所を探すということでした。

伊之助の鋭い感覚から前方に目を付けた二人は、運転席の下部に頚の骨を発見します。二人は力を合わせて連撃で骨を断とうと決めました。

眠りの血鬼術をくらい、罠にかかりそうになりながらもなんとかかいくぐり、獣の呼吸・肆ノ牙・切細裂き、そしてヒノカミ神楽・碧羅の天により、ついに魘夢の首を斬ることに成功したのです。

無限列車は横転します。

お腹に刺し傷まで作ってしまい大けがとなった炭治郎を伊之助は心配しています。

そこへ煉獄がやってきて、全集中の呼吸で自らを止血することを教えてくれました。

煉獄からみんな無事だということを知らされ、安心できると思ったところに大きな音とともに誰かがやってきました。やってきたのは上弦の参・猗窩座です。

柱である煉獄と猗窩座の戦いが始まりました。そばには炭治郎も伊之助もいましたが、明らかに力が及ばない二人は手も足も出すことができません。

上弦の鬼は下弦の鬼とは比べ物にならないほどの強さがあります。致命傷となる攻撃を受けた煉獄は、死なないために一緒に鬼になれと猗窩座から誘われます。

しかしもちろんその誘いには乗らず、猗窩座を逃がすまいと腕を離しません。

もうすぐ夜明けです。

炭治郎と伊之助も動きます。

しかしもう一歩のところで猗窩座は腕を引きちぎり離れてしまいました。

日光を浴びないように猗窩座は逃げていきます。逃げていく猗窩座に対し炭治郎は日輪刀を投げつけ、

「誰も死なせなかった煉獄さんの方が強いし勝ちだ!」

と泣き叫びました。

そんな炭治郎に煉獄は最後の言葉をかけました。その言葉とは

「妹のことを信じる。鬼殺隊の一員として認める」

というものです。誰になんと言われようと胸を張って生きろと炭治郎に伝え、煉獄は息を引き取ることとなりました。

スポンサードリンク

結論・まとめ

無限列車編は柱である煉獄さんの活躍が注目されています。

映画本編を見るまでは猗窩座登場までストーリーが入っているのかははっきりしませんが、もしも予想通り入っているとしたら猗窩座と煉獄さんの戦いも今回の見せ場となるでしょう。

もちろん炭治郎&禰豆子、善逸と伊之助の戦いぶりにも期待しています。

映画館の巨大スクリーンであの美しいアニメーションが見られるのは本当に楽しみですね。みんなで劇場版鬼滅の刃を楽しみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA