鬼滅の刃のアニメのあらすじと感想・口コミ(12話)を紹介!ネタバレあり!

大人気漫画『鬼滅の刃』。ここでは子供から大人まで大人気になったアニメ版のあらすじを紹介しています。今回は第12話です。前回は善逸が登場し、最後には猪の少年も登場しました。今回もこの二人が活躍してくれそうな気がします。

ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

鬼滅の刃 アニメ12話のあらすじ

第十二話 <猪は牙を剥き 善逸は眠る>

猪の少年は鬼に向かいながらも部屋の回転により人間の女の子を踏みつけたりして、とても乱暴な行いをしていました。

それを見た炭治郎は、猪の少年に対して「小さな子を踏みつけにするな。」と怒りますが、そんな炭治郎に対しても猪の少年は刀を向けてきます。

近くに鬼がいるのに自分に刃を向けてくる猪少年の行動に炭治郎は驚きますが、そんな最中にまた部屋が変化し、猪の少年とは離れてしまいました。

炭治郎は匂いにより他の血の匂いを感じ取ります。女の子を連れ屋敷内を歩いているとある部屋に一人の少年を見つけました。

一方、善逸と男の子のペアが屋敷内を歩き回っていると1匹の鬼に遭遇します。四足歩行で舌の長いなんとも気持ちの悪い鬼です。

2人は懸命に逃げまわりますが、あまりの恐怖で善逸は気絶してしまい、なんと眠ってしまいました。

男の子が何度呼びかけても置きません。絶体絶命の状態で鬼は攻撃をしてきます。

もう駄目だと思った瞬間に、攻撃してきた鬼の舌を切り落としたのはなんと眠った状態で起き上がった善逸でした。

目をつぶったまま起き上がった善逸は、そのまま攻撃態勢に入ります。

繰り出された技は「雷の呼吸・壱ノ型・霹靂一閃」

すごい速さの一撃で、見事鬼の首を斬り落としたのです。

斬った瞬間に善逸は目を覚ましますが、自分がしたことを覚えていないらしく、男の子が鬼を倒したと思いこみ、「ありがとう」と泣き叫んでいました。

別の場所では猪の少年が鬼を追っています。出会った鬼は身体の大きな体格の鬼です。

猪の少年はすぐに攻撃態勢に入りました。

出した技は「我流・獣の呼吸・参ノ牙・喰い裂き」。

見事鬼の首を斬り落としました。

そして場面は変わって、鼓の鬼が「稀血・・」と言いながら歩いています。鼓の鬼は鬼舞辻とのやり取りを思い出しています。

鼓の鬼の名は響凱。鬼舞辻から鬼舞辻直属の配下である十二鬼月の地位を剥奪された鬼だったようです。

響凱はもう一度十二鬼月に戻るために珍しい血である“稀血”を持つ人間を捜し出し、喰っていたのです。稀血を持つ人間は、鬼にとってかなりの栄養があると言われています。炭治郎と女の子が出会った少年は、探していたお兄さんであり、稀血の持ち主でもあったのです。

少年は鬼が偶然落とした鼓を使ってなんとか今まで鬼から逃げていたようです。

炭治郎は3人が話している部屋に響凱が近づいてくるのを感じ取ります。そして兄弟に自分が部屋を出た瞬間に鼓をたたいて移動するように伝え、攻撃態勢に入りました。

怪我が完治していない炭治郎は傷みが気になり戦いに勝てるのか不安になります。しかし師匠・鱗滝の言葉を思い出しながら自分に喝を入れ、目の前の鬼は必ず倒せると自ら気合を入れました。

スポンサードリンク

鬼滅の刃 アニメ12話の感想

今回はやはり予想通り善逸と猪の少年の戦いぶりを見ることができました。

泣いてばかりいる善逸は寝たままでしたが、カッコよく雷の呼吸をキメることができていました。やはり立派な鬼殺隊士です。

猪の少年は心優しいとは言えない行動が多いですが、鬼を倒すその戦いぶりはやはりさすがでしたね。とにかく敵を倒すことを目的に突っ走っている感じが伝わってきました。

そして炭治郎ですが、今回は戦いというより長男魂が良く出ていておもしろかったですね。

「俺は長男だから我慢できるけど次男だったら我慢できなかった。」

というのは鬼滅の刃の名言でもあります。

また、自分に対して

「頑張れ炭治郎!俺は今までよくやって来た!今日もこれからも俺がくじけることはない!!」

と気合を入れる場面はかっこよくて面白くてかわいくて・・という感じで、とにかく大好きなシーンになりました。

スポンサードリンク

口コミ情報

第十二話についての口コミを紹介します。

 

“雷の呼吸かっこいい!!”

 

“ぜんいつくんがいるとシリアスシーンもホラーシーンもコメディに変わる不思議”

 

“猪の人元気だね”

 

今まで水の呼吸以外の呼吸は出ていませんでしたが、今回は善逸の雷の呼吸が初登場です。

そのためそれに対する感想が多かったです。とてもカッコよかったので印象に残る人が多かったのでしょう。

猪の少年の元気っぷりや炭治郎が自分を褒める場面に対する感想もありました。

怪我をしているから自分はダメだと考えるのではなく、「できる!!」と考えて自分を励ます炭治郎の考え方は素敵でしたね。

結論・まとめ

今回は同期3人が暴れる回でしたね。物語がさらに面白くなってきたなあと感じました。

稀血という言葉の意味も解説が出て、また一つ鬼滅用語が増えましたね。

響凱の回想シーンでは鬼舞辻の姿が再び登場しました。相変わらずのイケメンですが、恐ろしい鬼であることはかわりないですね。怯える響凱がかわいそうにも思えました。

次回はこの戦いに決着がつくのではないでしょうか?楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA