鬼滅の刃のアニメのあらすじと感想・口コミ(9話)を紹介!ネタバレあり!

大人気漫画『鬼滅の刃』。ここでは子供から大人まで大人気になったアニメ版のあらすじを紹介しています。今回は第9話です。

前回は新しく珠世さんと愈史郎という人物に出会いました。

新しいことも色々と分かった回でしたが新しい敵が出てきたところで終了しています。

今回はその敵との戦いです。どんな戦いになるのでしょうか。ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

鬼滅の刃 アニメ9話のあらすじ

第九話 <手毬鬼と矢印鬼>

突然現れた鬼の名前は朱紗丸と矢琶羽といいました。

朱紗丸は手毬を使ってどんどん屋敷を破壊していきます。手毬の威力は強力で、愈史郎の首も跳ね飛ばしてしまいました。

炭治郎は目の前の鬼に、今までの鬼と比べ物にならないほどの濃い匂いを感じ取ります。

朱紗丸は鬼舞辻から言われた「花札のような耳飾りのある男」である炭治郎に攻撃を仕掛けます。

よけても曲がって攻撃してくる手毬を炭治郎は水の呼吸・漆ノ型 雫波紋突きで突き返しました。水の呼吸の中でも最速であるこの技は高速の手毬に対応するだけの力があります。

しかし手毬の威力を落とすことはできましたが、日輪刀が突き刺さっても毬はまだ動いて炭治郎を攻撃してきます。

朱紗丸は自分を鬼舞辻直属の部下である十二鬼月であると言い、だからお前が私にかなうはずがないと言いました。腕を増やした朱紗丸はさらに激しく攻撃を始めます。炭治郎はなかなか手毬の攻撃に対処することができません。

そのとき、首が再生した愈史郎が炭治郎に自分の視覚を貸してやるから毬の軌道である矢印を見ろと言いました。愈史郎が投げた札のおかげで矢印が見えた炭治郎は、禰豆子に外にいるもうひとりの鬼を見つけ出すように言います。そして禰豆子が矢琶羽を見つけ出し、攻撃をすると、矢印が消えました。

そこを見逃さず、炭治郎は水の呼吸 参ノ型 流流舞いで朱紗丸の腕に攻撃することに成功しました。

しかし朱紗丸の腕はわずかな時間で再生します。そして禰豆子も矢琶羽に弾き飛ばされてしまいました。愈史郎の助言により、炭治郎はまずは矢琶羽を倒す、そして朱紗丸は禰豆子と愈史郎たちで食い止めることとなります。

矢琶羽と一対一での戦いですが、隙の糸が見えても切れてしまいなかなか倒すことができません。矢印の攻撃で何度も弾き飛ばされ攻撃を受けてしまいます。

なんとか矢印を止めるため、炭治郎はいくつも技を応用して出すことに決めました。

そしてついに変形技・水の呼吸弐ノ型 改 横水車で矢琶羽の首を斬り落としたのです。

スポンサードリンク

鬼滅の刃 アニメ9話の感想

今回は強力な鬼が2人も現れて、今までになく苦戦した戦いになりました。

“十二鬼月“という鬼についての新しい言葉も出てきています。鬼舞辻直属の部下であるこの二人から必ず血を取ってみせると宣言した炭治郎がとてもカッコよかったです。

そして強力な矢印の攻撃に対応するためにたくさんの技を出すところもよかったと思います。変形技が出たのもよかったですね。

首が斬れたので矢琶羽はこのまま消滅してくれると思いますが、朱紗丸がまだ生き残っています。次回は禰豆子の活躍もたくさん見られそうですね。

スポンサードリンク

口コミ情報

第九話についての口コミを紹介します。

 

“矢印の演出すごい!”

 

“手毬がドッジボールみたいで、こんなドッジボールはこわい・・”

 

“必死な炭治郎が素敵すぎ”

 

今までの戦いでもそうでしたが、鬼滅の刃では戦いの時に攻撃に対して詳しく説明があるのでとてもわかりやすくなっています。今回も矢印や毬についてなど説明が入るのでとても分かりやすかったです。

感想もそのような戦いについてのことが多かったと思われます。

そして今回も真剣に戦う炭治郎の姿が好評でした。

結論・まとめ

今回は戦いがメインの回でした。そのため水の呼吸や炭治郎の戦いっぷりがたくさんあってよかったですね。

鬼についても十二鬼月という新しい言葉が出てきました。他にもこのレベルの強さの鬼がいるのだと予想できます。このあとも目が離せませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA