鬼滅の刃のアニメのあらすじと感想・口コミ(7話)を紹介!ネタバレあり!

鬼滅の刃のアニメのあらすじと感想・口コミ(7話)を紹介!ネタバレあり!

大人気漫画『鬼滅の刃』。ここでは子供から大人まで大人気になったアニメ版のあらすじを紹介しています。今回は第7話です。鬼殺隊として初めての任務で、炭治郎が鬼と戦っている最中に前回は終了しています。異能の鬼との対決にどうように決着がつくのか楽しみですね。ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

鬼滅の刃 アニメ7話のあらすじ

第七話 <鬼舞辻無慘>

炭治郎に攻撃をしようとした鬼をとめたのは背負い箱から出てきた禰豆子でした。

炭治郎は鬼である禰豆子の力を確認し、人間二人を守れと伝え、地中の沼の中へもぐります。

沼の中には喰われた人たちの持ち物がたくさんありました。空気が薄く、重たい闇の中で、炭治郎へ向かって鬼が攻撃をしてきます。

しかし炭治郎は空気の薄さは狭霧山の方が厳しかったと感じ、水の中でこそ力を発揮できる技があると言い、構えます。そして隙の糸を察知した炭治郎は「水の呼吸 陸ノ型 ねじれ渦」繰り出しました。

2体の鬼を見事倒した炭治郎は地上へ上がります。

地上では禰豆子がもう1体の鬼と戦っていました。かなりの強さがある禰豆子ですが、額に傷を負い、さらに攻撃を受けそうになります。そこへ間一髪炭治郎が登場し、見事鬼を切り裂きました。

負傷を負った鬼に、炭治郎は鬼舞辻無惨について知っていることを教えろと迫ります。しかし鬼はひどく怯え、とても聞き出せる状態ではありません。そして腕を再生し、再び炭治郎に襲い掛かりますが、炭治郎は日輪刀で鬼の首を切り落としました。

鬼には勝ちましたが鬼舞辻無惨については何も聞き出すことができなかったことで悔しさが残りました。禰豆子は体力を回復させるため、眠りにつきました。

炭治郎は婚約者を失った男に

「大丈夫ですか?」

と声をかけますが、

「婚約者を失って大丈夫なわけない!!」

と、罵倒されます。しかしそんな男に対して炭治郎は

「どんなに打ちのめされようと、生きていくしかないんです。」

と声をかけました。

去っていく炭治郎を見て、炭治郎も自分と同じだということを感じ、

「ひどいことを言った、許してほしい。」

と叫びました。

休む間もなく炭治郎は次の任務先へ向かうことになりました。次の場所は東京・浅草。夜なのに明るく、建物も高くそびえたつ都会の風景に炭治郎は驚きます。

都会の空気に疲れた炭治郎は屋台のうどんを頼んで禰豆子といっしょに一休みをします。

その時、突然とんでもない匂いを嗅ぎつけました。その匂いは殺された家族のところに残っていた鬼、すなわち鬼舞辻 無惨の匂いでした。

駆け出した炭治郎は匂いをたどり無惨を見つけ出しました。炭治郎の目に入った鬼舞辻無惨は鬼であるはずですが人間の子どもを抱き、人間の女性と一緒に行動しています。無惨は人間のふりをして暮らしていたのです。

驚きのあまり声を失う炭治郎を冷血な目で見つめる鬼舞辻無惨。そして突然通りすがりの人に炭治郎にしかわからないように攻撃をし、一人の男性を鬼に変えてしまいました。

スポンサードリンク

鬼滅の刃 アニメ7話の感想

今回は炭治郎の鬼殺隊としての力がしっかり確認できた回でした。

また、鬼になってしまった禰豆子も戦う力が十分あることが分かりました。

しかしやはり炭治郎にとって守るべき存在であることに変わりはありません。禰豆子のピンチに登場し、鬼の首を斬ったところはとてもカッコよかったです。

また、大切な人を失うことの苦しさや、失ってしまっても前を向いて生きていくしかないというせつない場面もとても印象に残りました。炭治郎も鬼に家族を殺され、絶望しながらもなんとか道を見つけて進んでいるんだなあと考えてしまいました。単純に悪者を退治するような物語よりもとても深く登場人物たちの気持ちについて考えてしまいます。

そして今回は宿敵である鬼舞辻無惨が登場しました。鬼とは思えないほどきれいな顔立ちですがとても恐ろしい人物ですね。炭治郎の怒りと驚きがとてもよく表現されていました。

ここで倒すことはできないと思うのでこの先どのような展開になっていくのか楽しみです。

スポンサードリンク

口コミ情報

第七話についての口コミを紹介します。

 

“禰豆子の足技が見事!”

 

“鬼舞辻無慘がイケメンすぎる”

 

“禰豆子がやっぱりかわいい”

 

今回は初登場の鬼舞辻無慘に関する感想が多かったです。確かに誰も思っていなかったほどにカッコイイ顔立ちでしたね。

また禰豆子の戦闘シーンも反響が大きかったようです。脚を使った攻撃はかっこよかったですね。

炭治郎が呼びかけるとすぐにそばにかけよるところも可愛かったと好評でした。

結論・まとめ

今回は最初の鬼でしたが、それほど長引く戦いにならず良かったですね。禰豆子もしっかり戦いに参加し、これからは守るだけでなく、炭治郎の相棒となって戦うことになるのかもしれないと思いました。

そしてまだ物語は始まったばかりですが、鬼舞辻無慘も登場しました。宿敵の顔がこんなにも早く分かるのは予想外でした。どのように次につながっていくのか楽しみです。

この先の展開が気になりますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。