鬼滅の刃のアニメのあらすじと感想・口コミ(6話)を紹介!ネタバレあり!

人気が続く漫画『鬼滅の刃』。多くのファンによる鬼滅ブームはまだまだ続いています。

ここでは単行本と同じく大ヒットとなったアニメ版のあらすじを一話ずつ紹介しています。

今回は第6話です。鬼殺隊士としての第一歩を踏み出す回ともいえるでしょう。

どんな鬼と遭遇してどんな戦いをしたのか詳しく紹介します。ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

鬼滅の刃 アニメ6話のあらすじ

第六話 <鬼を連れた剣士>

鎹鴉からの伝令を受け、炭治郎は隊服に着替え任務に向かいます。

鬼である禰豆子を連れて昼間でも移動できるように鱗滝は炭治郎に背負い箱を渡します。非常に軽い霧雲杉という木で作った箱で強度もあるそうです。炭治郎が実際に持ってみると、とても軽いのでびっくりしていました。おそるおそる禰豆子も箱にはいり、炭治郎は出発しました。

指示された町では男性がフラフラと歩いています。どうやら自分が一緒にいながら恋人である女性を攫われてしまったそう。炭治郎は鬼の仕業だと思い、男性に詳しい話を聞きます。そして女性がいなくなった現場でかすかな鬼の匂いを感じました。

炭治郎は夜になっても鬼の匂いを懸命に探しました。

画面が変わり、どこかのお屋敷ではまた一人、若い女性が寝ている間に鬼に引き込まれていきます。

その気配の匂いを感じ取った炭治郎は走りました。匂いの濃い場所にたどり着いた炭治郎は、地面に日輪刀を突きさします。

すると地面から女性の一部が現れます。炭治郎は間一髪で女性を助け出すことに成功しました。

地面から現れた鬼は鱗滝に教えられた特殊な術・血気術を使う異能の鬼でした。

助け出した女性を男性に預け、地面の中に逃げた鬼がいつ出てきても攻撃できるように、炭治郎は刀を構えます。

出てきた鬼は3人。炭治郎は驚きますが、すぐに落ち着いて水の呼吸・捌ノ型 滝壷で攻撃を繰り出しました。

しかし急所は外れ、再び鬼は地面に潜ってしまいます。

炭治郎は鱗滝に聞いた話を思い出します。人間を鬼に変えることができる鬼はただ一人・・。その鬼の名前は鬼舞辻 無惨。そして鱗滝はこの男が禰豆子を人間に戻す方法を知っているかもしれないと話したのでした。

その言葉を思い出しながら炭治郎は後方から出てきた鬼に弐ノ型 水車で対抗しました。しかしまた急所は外れます。

炭治郎は二人の人間を守りながら戦うことが難しいとわかり、どうすればいいかわからず戦っていると、鬼からの攻撃をくらいそうになってしまいます。

その時、間一髪、背中の箱から禰豆子が蹴りをくりだしました。

鬼はなぜ人間が鬼を連れているのか不思議に思っていますが、箱から出てきた禰豆子は人間の男性と女性に大切そうに触れました。

鱗滝は禰豆子に「人間は守るものであり、家族。鬼は敵だ。」と暗示をかけていたのです。

鱗滝の「人を傷つける鬼を許すな。」という言葉を思いながら、鬼に対すして禰豆子の攻撃が始まりました。

スポンサードリンク

鬼滅の刃 アニメ6話の感想

今回は大きな戦いはなく、鬼殺隊士としての準備をするような回でした。日輪刀や鎹鴉といった『鬼滅の刃』ならではの名前も登場しました。

後に大切な仲間となるメンバーの顔も見れたので嬉しかったです。

最終選別から帰ったところで禰豆子と鱗滝さんと抱き合うシーンはとても感動的でした。

「よく無事で戻った。」と声をかけてくれる鱗滝さんの優しさも再確認できる場面だったと思います。

狭霧山での修行の時は隊士の技である「呼吸」についての説明がありましたが、今回は鬼の技、「血気術」についての説明が鱗滝さんからありました。まだ血気術を使う鬼は炭治郎の前に現れてはいませんが、この先戦うことになるのでしょう。

また、鱗滝さんの推測ではありますが、禰豆子の体力回復方法が寝ることであることもわかりました。人を喰うことなく睡眠で体力を回復できるのなら、この先も人間を喰わずに生きていくことができるでしょう。今回も禰豆子を人間にもどす方法は分かりませんでしたが、人を喰うことなくいつか人間に戻ってほしいですね。

スポンサードリンク

口コミ情報

第六話についての口コミを紹介します。

 

“隊服を着た炭治郎がめちゃくちゃ男らしく頼もしくなってる!”

 

“鱗滝さんが送り出すシーンは感動”

 

“左近次さんが禰豆子にかけた暗示「人間は皆お前の家族だ」「人間を守れ、鬼は敵だ」「人を傷付ける鬼を許すな」えっ…泣ける”

 

今回は炭治郎が隊士として出発した回でした。そのため隊服姿などに感想が多かったです。

また、炭治郎を任務に送り出す鱗滝や、禰豆子にかけた暗示の言葉も感動的で素晴らしいという意見が多かったです。さすが炭治郎の師匠ですね。

戦いだけでなく、細かな場面も丁寧に描かれているという所も『鬼滅の刃』の魅力です。

結論・まとめ

6話は鬼との戦いの途中で終わっているので、先がとても気になりました。禰豆子も一緒に戦うような終わり方だったので、どのような戦い方をしてくれるのか気になりますね。

炭治郎が鬼殺隊としてしっかり活動している姿もとてもカッコいいと思いました。鬼を捜すところも一生懸命で素敵でしたね。

重要人物であり炭治郎の宿敵となる鬼舞辻無惨の名前も始めて登場しています。次回も楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。