鬼滅の刃のアニメのあらすじと感想・口コミ(24話)を紹介!ネタバレあり!

大人気漫画『鬼滅の刃』。ここでは子供から大人まで大人気になったアニメ版のあらすじを紹介しています。今回は第24話です。

前回は柱たちが勢ぞろいした柱合会議で終わっています。

今回は蝶屋敷での治療や訓練が主なストーリーになるようです。善逸や伊之助もそろったので面白いことは間違いないですね。ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

鬼滅の刃 アニメ24話のあらすじ

第二十四話 <機能回復訓練>

お館様のお屋敷では柱合会議が終わり、炎柱・煉獄杏寿郎が新しい任務へ旅立とうとしています。しのぶがそれを見送っていました。

蝶屋敷では善逸がまだ薬を嫌がって泣いています。伊之助は寝ていますが、3人そろうと病室にも関わらず大騒ぎです。

そこへ那田蜘蛛山で一緒に戦った鬼殺隊剣士・村田が現れました。村田はお見舞いに来てくれたようですが、その前に仔細報告のために柱合会議に呼び出されていたそうです。

柱たちに隊士の質が落ちていることなどをかなり厳しく注意されたようで、炭治郎たちに愚痴を聞いてもらっています。そこへ蟲柱であるしのぶが現れたため、村田はそそくさと帰っていきました。

しのぶは身体が回復してきたようなので機能回復訓練を実施すると言います。

善逸は身体の回復が2人よりも時間がかかったため2週間遅れて開始することになります。毎日かなりやつれた状態で帰ってくる炭治郎と伊之助を見ていたので、何をするのかと不安になりながら2人についていきました。

そこで行われていたのは、寝たきりで体をほぐしてもらう訓練、湯飲みに入った薬湯をかけあう反射訓練、そして鬼ごっこのような全身訓練でした。訓練の相手をするのは、蝶屋敷の女の子達や説明をしてくれたアオイとカナヲです。

それを聞いた善逸は、女の子と一緒に楽しそうな訓練していたのにやつれていた2人に対してブチギレています。かなり厳しい訓練だということを伊之助は訴えますが、全く聞く耳を持ちません。

そして実際に訓練が始まると、善逸はとても楽しそうに訓練を受けるのでした。伊之助も負けてられないと頑張ります。

しかし3人とも、カナヲにだけは全く歯が立ちません。

同期であるカナヲに負け続けたことでショックをうけ、善逸と伊之助はついに訓練場にこなくなってしまいました。

一人残された炭治郎は、なぜカナヲに勝てないのかを考えます。

一生懸命考えている炭治郎に、女の子3人組が柱やカナヲは全集中の呼吸を四六時中することができるということを教えてくれました。そんなことはやったことがない炭治郎ですが、まずはそれを極めようと特訓を開始します。

しかしなかなかうまくできません。全集中の呼吸をずっとやることはかなり厳しく、耳から心臓が飛び出てしまったのかと思うほどの苦しみです。

頑張っている炭治郎の元へまた女の子たちが集まってきて、カナヲは訓練でひょうたんを破裂させていると教えてくれます。とんでもなく硬く大きなひょうたんですが炭治郎は頑張ろうと決めました。

次の日の訓練にも善逸と伊之助は来ません。アオイはあきれています。

炭治郎は、夜も鱗滝さんの修行を思い出しながら走ったり、岩を持ち上げたりして訓練をしています。

全集中の呼吸をなんとか常にできるようになろうと頑張りました。

ある時、突然しのぶが横に現れました。頑張っていますねと声をかけてくれたしのぶは、炭治郎に自分の夢を託そうと思っていると話します。

その夢は“鬼と仲良くする”というものです。

そんなしのぶに炭治郎は怒っているような匂いを感じています。しのぶは最愛の姉を鬼に殺されたときから常に怒っているのかもしれないと炭治郎に言いました。

しのぶの姉は炭治郎のように心優しく、鬼にも同情し、自分が殺された時でさえ鬼を哀れんでいました。しのぶには理解できないことでしたが、それが姉の想いならば受け継いでいこうと思ったのです。

しかし少し疲れているのが事実です。

自分の代わりにがんばっている人がいると安心する、どうか禰豆子を守り抜いてくれと言って戻っていきました。

炭治郎は頑張ろうと再び力が入ります。家族を思い出しながら禰豆子を必ず人間に戻してみせると心に誓うのでした。

スポンサードリンク

鬼滅の刃 アニメ24話の感想

今回は藤の花の家紋の家以来の3人のわちゃわちゃを見ることができました。

やはり3人そろうと面白いですね。2人ほど訓練を投げ出していますが、体は元気に回復しているようなので安心です。

炭治郎は相変わらず頑張り屋さんです。見習おうと思ってしまいました。

「努力は日々の積み重ねだ!」というのがとても良かったと思います。

しのぶが秘めている思いについても登場しました。

自分の姉が炭治郎と同じような考えを持っていることで、炭治郎と禰豆子を守ってあげたくなったのでしょう。冨岡さんともう一人、理解者が現れたので嬉しいですね。

こんな風にだんだんと色々な人に禰豆子の事を理解してもらえていったらいいなと感じました。

スポンサードリンク

口コミ情報

第二十四話についての口コミを紹介します。

 

“変態前回のぜんいつに笑ってしまった”

 

“しのぶの本心が見えたところがすごくよかった”

 

“善逸にみんなドン引き(笑)”

 

今回は訓練が多かったですが、一番多かったのは善逸の女の子達への異常な興味への感想です。

特に怒って雷の呼吸を出しそうになっていたのがとても面白かったです。

また、しのぶの過去や鬼に対する気持ちについての感想も目立ちました。

みんなそれぞれが悲しい過去を背負って生きています。

炭治郎が禰豆子を守り抜いていくことは、きっとしのぶの心を癒すことにもつながるでしょう。

結論・まとめ

今回は訓練としのぶの想いに焦点があてられた回でした。

機能回復訓練はまだクリアできていないので次回も続くでしょう。

全集中の呼吸を常にするというのもまだできていないので次回に持ち越しです。

戦いはなかったですが、カナヲのすごさもわかりましたね。アオイのキャラも良かったと思います。

蝶屋敷にはまだまだこれからもお世話になりそうですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA