鬼滅の刃のアニメのあらすじと感想・口コミ(2話)を紹介!ネタバレあり!

大ヒットとなった漫画『鬼滅の刃』。ここでは圧巻のグラフィックが話題となったアニメ版のあらすじを紹介しています。

今回は第2話です。第1話の最後では主人公・炭治郎と妹・禰豆子の長く厳しい戦いへの出発で終わっています。第2話はそんな戦いへの第1歩です。

詳しく紹介するのでぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

鬼滅の刃 アニメ2話のあらすじ

第二話<育手・鱗滝左近次>

鬼となってしまった妹・禰豆子を人間に戻すために故郷を離れた竈門炭治郎は、偶然出会った剣士・冨岡 義勇から聞いた鱗滝左近次へ会うために歩き出しました。

昼間は外に出ようとしない禰豆子のために自ら竹籠を編み上げ、太陽の日に当たらないように禰豆子を背負い目的の狭霧山へと進んでいきます。

夜になり明かりがついているお堂へ到着した二人は人間を食べている鬼に遭遇します。炭治郎と禰豆子は鬼に襲われながらもなんとか斧を使って鬼を拘束することに成功します。

そして鬼にとどめを刺そうとする炭治郎の背後に天狗のお面をかぶった鱗滝左近次が現れました。結局朝日が昇るまで鬼にとどめを刺せず、人喰い鬼に対してまでも同情心を持ってしまう炭治郎に対して鱗滝左近次は、鬼を連れて歩くことの覚悟を持たなければならないことを教えます。

覚悟を決めた炭治郎は鬼殺隊の剣士となるために鱗滝左近次からの厳しい訓練を受けることになりました。狭霧山での訓練は山を下るという単純なものですが、数々の罠が仕掛けられた過酷なものでした。

空気も薄く、気を失ってしまう恐れもある中で、炭治郎は得意の鼻をきかせながら、禰豆子を人間に戻したい一心でなんとか山を下ることに成功します。

ボロボロになりながらも帰ってきた炭治郎に、鱗滝は「お前を認める、竈門炭治郎」と声をかけたのでした。

スポンサードリンク

鬼滅の刃 アニメ2話の感想

第2話ではお堂で出会った鬼との戦闘から、鬼は日に当たることができない、そして傷を負っても回復する力を持っているなどといった、鬼についての基本的なことがわかる内容が前半部分に含まれていました。そして竈門炭治郎という少年がとても優しい心を持っているということも描かれていたと思います。

敵である鬼にすら痛みがないようにしてあげたいと願う気持ちを持っているなど、誰であろうと相手を思いやる炭治郎の優しさがよくわかりました。

鱗滝左近次は厳しい人ですが、炭治郎に鬼を連れていくということの意味と覚悟を教えてくれたり、炭治郎の訓練中は禰豆子を預かってくれていたりととても優しい人だと感じます。

本編終了後の「大正こそこそ噂ばなし」では晩御飯の希望を炭治郎に聞いてくれるという優しさもみせてくれました。即答できなかった炭治郎は「判断が遅い!」と怒られてしまいましたが、この先も炭治郎と禰豆子にとって鱗滝左近次が大切な存在となることが想像できます。

最後に鱗滝の元へ導いてくれた義勇も少しだけ登場するところも嬉しかったですね。

スポンサードリンク

口コミ情報

第二話についての口コミを紹介します。

 

“籠のなかに入る禰豆子がかわいらしい!”

 

“トラップについたかすかな人間の匂いをかぎ分ける炭治郎の嗅覚がすごすぎる。”

 

“ついに出た!鱗滝左近次!”

 

前回の禰豆子はおそろしい鬼の形相でしたが、今回の禰豆子はお決まりの竹を加えた可愛らしい姿だったので、禰豆子の可愛らしさに対する感想が多かったようです。

炭治郎の嗅覚の鋭さが印象に残った人も多かったようですね。

結論・まとめ

第2話はではまだ日輪刀を持っていませんが、斧と得意の頭突きを使って鬼との初めての戦いが描かれていました。

そして鬼についての基本的なことと、鬼に対してまで優しいという炭治郎のとてもきれいな心がよくわかりました。

炭治郎の師匠となる鱗滝左近次も登場し、テンポよく物語が進んでいきます。

鱗瀧に認められ、これから本格的な修行が始まる第3話が楽しみになる内容でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA