鬼滅の刃のアニメのあらすじと感想・口コミ(17話)を紹介!ネタバレあり!

大人気漫画『鬼滅の刃』。ここでは子供から大人まで大人気になったアニメ版のあらすじを紹介しています。今回は第17話です。

現在那田蜘蛛山で累という少年とその家族たちとの戦いの最中です。

前回は母親と思われる女性の鬼を倒したところで終わっています。とてもきれいな型でしたね。

今回は別行動をしている善逸の活躍も見られるのではないかと思われます。ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

鬼滅の刃 アニメ17話のあらすじ

第十七話 <ひとつのことを極め抜け>

一人で山に入った善逸ですが、人の顔をした蜘蛛を見つけます。なんとも気持ちの悪い姿です。

大騒ぎしながら走り出す善逸ですが、ふと上を見ると人間が恐ろしい姿で糸につりさげられていました。そしてその側から大きな蜘蛛の姿をした鬼が現れました。

びっくりして逃げ出す善逸ですが、自分の手を見ると、手が恐ろしい色に変色しています。どうやら蜘蛛の毒を食らってしまったようです。

毒は全身をめぐり、時間がたつとめまいと吐き気がし、全身が縮み失神するといいます。そして蜘蛛になると知能はなくなってしまうと言われ、善逸は無駄だとわかっていても逃げ出すことしかできませんでした。

場面は善逸の過去に移ります。

木の上に上り、大きな声で泣いているのは、まだ髪が黒い善逸です。どうやら修行が嫌で木の上に逃げているようです。

善逸を剣士として育ててくれたじいちゃんは厳しい声で、逃げる行動には意味がないと善逸を叱っていました。じいちゃんのことは好きだから期待にこたえたいけど一生懸命やっているのに無理なんだと善逸は泣き叫びます。

そこへ雷が落ち、善逸は落下します。

命は助かりましたが、髪が金髪になった原因はこの雷のようです。

場面は現在に戻り、昔を思い出していた善逸は泣き叫びながら頭を掻きむしりました。すると髪がごっそりと抜け落ちます。毒がもう回ってきているようです。それを見た善逸は失神してしまいました。

意識を失った善逸は、無意識の中で刀を構えます。

出した技は「雷の呼吸・壱ノ型・霹靂一閃」。鼓の屋敷で鬼を倒した技です。

すごいスピードのこの技で、蜘蛛の鬼の攻撃を避けています。善逸は何度もこの霹靂一閃で攻撃を回避しますが、それを見た蜘蛛の鬼は、こいつはこの技しか使えないのだなと気づきました。たいしたことはないと判断した蜘蛛の鬼は、もう毒がまわって動けなくなるだろうと攻撃を繰り出しました。場面はまた過去へ戻り、育手であるじいちゃんは

「一つのことしかできないならそれを極め抜け」

と、そして

「決してあきらめるな」

と、善逸に教えています。

失神しながらも善逸はそんなじいちゃんの言葉を思い出しながら戦いました。毒は容赦なく倉谷まわり、痛みは増し、吐き気やめまいが加わります。

過去の記憶から兄弟子の言葉も思い出されます。兄弟子は、元柱であるすごい先生のことをじいちゃんと呼ぶこともありえない、先生がお前にかけている時間は無駄でしかないと善逸に言い放ちます。

そんな風にだれからも期待をされなかった善逸ですが、じいちゃんだけはそんな善逸を何度も何度も叱ってくれ、根気強く鍛えてくれました。泣いて逃げる善逸を絶対に見限ったりはしなかったのです。

蜘蛛の鬼は攻撃を仕掛けます。善逸は血を吐きながらも戦います。

まとわりついてくる蜘蛛を蹴散らし、出した技は「雷の呼吸・壱ノ型・霹靂一閃・六連」。

霹靂一閃の進化系で奇襲性を大きく強化した大技です。

蜘蛛の鬼は後方へ逃げますが、気づかないうちに首を斬られていました。蜘蛛の鬼は消滅し、善逸はその場に倒れこみます。毒がまわって体が動きません。もうだめだと思った善逸ですが、じいちゃんの

「あきらめるな!」

という言葉を思い出し、呼吸を使ってできるだけ毒が体をめぐるのを遅くしようと努力するのでした。

場面は変わって炭治郎と伊之助ペアです。

怪我をしている伊之助に下山するようにと炭治郎は言いますが、もちろん伊之助は聞きません。血を流しているにもかかわらず

「俺は怪我をしてねえ!」

と言い張る始末です。

そんなやり取りをしているところに女の子の鬼が現れます。女の子の鬼はすぐに逃げ出しましたが、そこへさらに大きな体格の鬼が現れました。

新しい鬼との戦闘が始まります。

<中高一貫キメツ学園物語>

生徒指導教員・・冨岡義勇

風紀委員・・我妻 善逸

女生徒・・竈門 禰豆子

     真菰

     胡蝶 しのぶ

 

善逸「風紀委員は朝が早い。正直辞めたい。だけどこれがあるからやめられない。」

   「それは服装チェック♡」

   「女の子をいくら眺めていても怒られないんだ。

禰豆子ちゃ~ん♡真菰ちゃん、今日もかわいらしいな♡あの先輩もキレイだなぁ♡」

   「!!」

   「冨岡先生!違うんです!おれはただ服装のチェックを・・!」

冨岡「人の服をあーだこーだと言う前にお前の髪だ!!」 

バシッ!!!

善逸「地毛なのに!?」

スポンサードリンク

鬼滅の刃 アニメ17話の感想

今回は善逸の回になるだろうと予想はしていましたが、本当にほぼ完全に善逸のお話でした。

過去の話も出てきて、とても良い話でしたね。

霹靂一閃は以前にも登場し、カッコいいと話題の技でしたが今回はそれがさらに進化し、映像もとてもカッコよかったです。

月をバックにした演出が最高ですね。個人的にここを今回の名場面と推薦します。

炭治郎と伊之助が最後に少し出てきましたが、相変わらずやり取りが面白かったです。

次回はまたこの二人があらたな鬼と戦うのでしょう。楽しみですね。

スポンサードリンク

口コミ情報

第十七話についての口コミを紹介します。

 

“善逸かっこよかったなぁ”

 

“善逸推しなので17話本当に神回”

 

“鳥肌凄かった”

 

今回の主役は善逸でした。そのためやはり善逸に関する感想が多かったです。霹靂一閃・六連、本当にかっこよかったですね。

また、育手であるじいちゃんもイメージ通りで良いという意見もありました。

結論・まとめ

今回は善逸についてたくさんのことがわかりました。

泣き虫で弱虫なイメージだった善逸が、実際は強くたくましいことがわかりましたね。起きている時と寝ている時のギャップがとてもカッコいいと思います。早く炭治郎たちと合流してほしいですね。

次回はまた炭治郎と伊之助が新しい鬼と戦うのでしょう。次は二人がどんな戦い方をしてくれるのか楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA