鬼滅の刃のアニメのあらすじと感想・口コミ(16話)を紹介!ネタバレあり!

大人気漫画『鬼滅の刃』。ここでは子供から大人まで大人気になったアニメ版のあらすじを紹介しています。今回は第16話です。

現在炭治郎たちは那田蜘蛛山での任務の真っ最中です。手ごわそうな鬼が出てきているので今回は戦いの場面を多く見られそうです。

ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

鬼滅の刃 アニメ16話のあらすじ

第十六話 <自分ではない誰かを前へ>

伊之助のおかげで糸を操る鬼の居場所が分かり、炭治郎と伊之助は先輩剣士・村田にその場の操られた剣士たちを頼み、鬼の場所を目指して進みます。

鬼に近づくにつれ糸が増えてきます。

岩に座った女性の鬼は、操り糸を操作しながら笑っていました。そこへ累と呼ばれる少年の鬼が現れます。姿は少年ですが女性の鬼はひどくこの少年を怖がっているようです。

累は女性の鬼を母さんと呼び、さっさと人間を殺してと言って去っていきました。

女性の鬼は手足が折れても内蔵に骨が刺さっていても、お構いなしに糸によって隊員たちを動かします。もう殺してくれと絶望する隊員たちですが、炭治郎はなんとかしたいと思い、攻撃を防ぎながら考えます。考えた末、炭治郎は刀を使わず全集中で力いっぱい操られている隊員を上へ投げ飛ばしました。すると木のてっぺん付近で糸が絡まって動きを封じることができたのです。それを見た伊之助は面白そうだと興奮し、炭治郎の真似をして隊員たちを投げ飛ばしました。ほぼ全ての操られる隊員達を投げ飛ばしましたが、女性の鬼は怒って人間を殺してしまいました。

黙り込む炭治郎の怒りが伊之助にも伝わっているようです。二人は操っている鬼をめがけて再び走り出しました。

すると二人の前に、なんと首がない敵が現れます。炭治郎は首のない敵をどのように攻略するか考えますが、伊之助は一人で敵に向かっていきます。

危うく殺されそうになる伊之助を助けた炭治郎は、伊之助にむかって

「一緒に戦おう!」

と言いました。それを聞いた伊之助は

「これ以上俺をホワホワさせんじゃねえ!」

と言いながら、炭治郎と一緒に攻撃を始めました。炭治郎が敵を倒すために前に出るのではなく、全体の状況を判断しながら戦っていることを理解した伊之助は、炭治郎との協力で首なしの鬼を斬り倒すことに成功しました。

さらにそのまま炭治郎を投げ飛ばし、糸を操る女性鬼を炭治郎が斬れるようにしっかり援助したのです。伊之助の好プレーにより炭治郎は女性の鬼めがけて技を繰り出します。

出した技は“水の呼吸 伍ノ型 干天の慈雨”。まるで優しい雨に打たれているような、ほとんど苦痛を伴わない攻撃でした。

炭治郎はもともと壱ノ型での攻撃を予定していましたが、累の支配からの解放を願い、女性の鬼が自ら首を差し出すような様子を見せたため、直前で攻撃を変えたのでした。優しい炭治郎だからこそできた切り換え技です。

首を斬られた女性の鬼は崩壊しながら炭治郎の優しい目を見つめます。その目を見ながら、かつて人間だったころにあんな優しい目で見てくれていた人がいたことを思い出すのでした。

女性鬼は完全に崩壊する寸前にこの山に十二鬼月がいることを炭治郎に伝え、絶命しました。

スポンサードリンク

鬼滅の刃 アニメ16話の感想

那田蜘蛛山の鬼は1人ではないようですね。何人かおり、話の内容から家族として暮らしていると思われます。今回炭治郎と伊之助が倒したのは母親と思われる鬼でした。

名場面は炭治郎の優しさを見ることができた美しい技、“水の呼吸・伍ノ型・干天の慈雨”ではないでしょうか。初登場の技でしたね。心の優しい炭治郎にぴったりの技でした。

また、今まで一人で戦うことしか考えてこなかった伊之助が、炭治郎と一緒に協力して戦うことを覚えたのも素晴らしかったです。心の成長が速いですね。伊之助、間違いなくいい奴です。

少しですが善逸が山に入ってきた場面も登場しました。次回は善逸側で何かが起きそうですね。

スポンサードリンク

口コミ情報

第十六話についての口コミを紹介します。

 

“優しい雨が綺麗すぎる”

 

“炭治郎は優しいなぁ。これは成仏できるわ。”

 

“ホワホワが止まらない伊之助が可愛かった”

 

今回は伊之助のホワホワ、そして炭治郎の優しい攻撃に注目が集まったようでした。すでに何度も炭治郎の優しさは登場しているのですが、今回でまた再確認することになりましたね。

干天の慈雨の映像もきれいで、アニメならではの見どころとなっていたと思います。

戦い方もよく考えて行動しており、状況をすぐに読めるので「炭治郎と伊之助は頭が良い!」という意見もありました。

結論・まとめ

今回も前回に劣らずとても楽しかったです。

那田蜘蛛山にはまだ他にも鬼がいるようなので、もう少しここでの戦いは続きそうです。また、十二鬼月もいるということがわかったので、かなり過酷な戦いになるのでしょう。

伊之助も協力するということを覚えたので戦い方がこの先も広がりそうです。

善逸もそろそろ参加してくると思うのでどのような戦いになるのか次回も楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA