まだ結婚できない男のこれまでのあらすじ(1~7話)の纏め!各回の感想や口コミは?

2019年10月度の火9ドラマであるまだ結婚できない男が火曜夜9時に放送されています。

これまでの放送をあまり見てなくて、内容が分からないという方に、これまでのあらすじの纏めをご紹介致します。

スポンサーリンク https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

まだ結婚できない男のこれまでのあらすじ

第1話(10月8日)

10月8日に放送された「第1話」の”あらすじ”は以下の通りとなります!

相変わらず一人が好きで悪いか!!

桑野信介(阿部寛)は腕のいい建築士だが、「メリットがない」という考えから結婚の経験はなく、さらに、偏屈で皮肉屋、プライドが高くこだわりも強いので、恋人を作ることもなく、気楽なシングルライフを送っていた。母の桑野育代(草笛光子)と妹の中川圭子(三浦理恵子)は、そんな“結婚できない”桑野の性格を嘆くが、唯一、義弟の中川良雄(尾美としのり)だけは良き理解者。さらに、かつての部下で、現在は共同経営者の村上英治(塚本高史)も、長年の付き合いから桑野の性格を熟知していた。

そんなある日、日課のエゴサーチで発見した桑野を非難している“やっくんのブログ”に関して、近所で事務所を構えていた弁護士の吉山まどか(吉田羊)に相談する。例のごとく、偏屈な発言を連発する桑野の言動にまどかは「敵を作りやすい」とチクリ。しかし、嫌味など意に介さない桑野は、後日、まどかの弁護士としての実力を測るべく裁判所を訪れ、驚くまどかをしり目に離婚裁判を傍聴するのであった。

まどかは、夫からの離婚の申し出に同意しない妻・岡野有希江(稲森いずみ)の代理人で、この日は原告である夫の浮気が争点に。しかし、浮気を決定づける証拠はなく、有希江は圧倒的不利な状況。しかし閉廷後、桑野は偶然トイレで原告の夫と弁護士のある話を聞いてしまう。

一方、桑野が暮らすマンションの隣の部屋には、若い女性、戸波早紀(深川麻衣)が引っ越してきて…。

第2話(10月15日)

10月14日に放送された「第2話」の”あらすじ”は以下の通りとなります!

婚活アプリで出会って悪いか!!

ある日、英治(塚本高史)が桑野のプロフィールでひそかに婚活アプリに登録したことを知った桑野(阿部寛)。案の定、「暇人の遊びだ」とバカにする桑野だったが、表情には出さないものの、実はどことなくアプリが気になる様子。一方で、晴れてバツイチとなった有希江(稲森いずみ)にも、桑野は不思議な胸のざわつきを感じ始めていた。さらに、隣の部屋から聞こえてきた早紀(深川麻衣)の話し声から、桑野は早紀がひどく自分勝手な男と付き合っていると思い込んで……。

そんななか、削除し損ねた婚活アプリには、桑野のプロフィールを見た女性から、たくさんのメールが届いていた。その中で「一人に疲れました」と哀愁漂うメールを送ってきた、ヨガのインストラクターの女性に心を奪われる桑野。こっそりやりとりしていたが、しばらくすると、その事実は事務所のスタッフや、英治が仕事を依頼したまどか(吉田羊)、有希江の知るところに。一同は、口をそろえて一度会ってみるよう桑野に勧めるのだった。

数日後、桑野の異変を察知した英治たちは、桑野が例の女性と会う約束をしていることに気付く。ホテルのラウンジで、緊張した面持ちで相手を待つ桑野を物陰から見守っていた英治は、その状況をまどかに逐一報告。するとそこへ、ついに女性が現れて……!?

第3話(10月22日)

10月22日に放送された「第3話」の”あらすじ”は以下の通りとなります!

深夜の路上で三角関係のもつれ!?桑野(阿部寛)が早紀(深川麻衣)の新恋人として写真週刊誌に!ベテラン建築家と女優のタマゴの間にまさかの恋の予感!?

ある日の晩、隣人で女優の早紀(深川麻衣)の部屋から、かすかに聞こえる声を聞いていた桑野(阿部寛)。早紀が女優だと気がつきながらも、イタズラ心に火がついた桑野は、“隣人が殺人計画を立てているのを聞いてしまった”と、からかうつもりでまどか(吉田羊)に相談。慌てたまどかは知り合いの刑事に相談するが、桑野が自分をからかったと分かって大激怒!

そんな桑野とまどかは、いなくなったパグ犬のタツオを探す早紀に出くわす。パグのことになると、内心気になって仕方のない桑野は、何食わぬ顔で一緒に探しまわる。そしてついに桑野がタツオを発見!「タツオ!」と呼びかけても応じないので、桑野は思わず「ケン!」と呼びかける。すると、タツオは振り返り、両者は見つめ合うのであった…。

それから数日後、桑野は夜道でタツオを散歩させている早紀と出会う。するとそこへ、早紀が別れを告げた元恋人で、人気俳優の野村信吾(平田雄也)がヨリを戻したいとやってくる。2人はとっさに恋人のふりをして、しつこく迫る野村を追い払うが、後日、3人が口論している写真が週刊誌に掲載されてしまう。思わぬ桑野のスキャンダルに、周囲は大盛り上がり。英治(塚本高史)や詩織(奈緒)、圭子(三浦理恵子)らの質問攻めと冷やかしにうんざりした桑野は、肖像権の侵害だと憤慨し再びまどかに相談するものの「訴えたところで勝ち目はない」と一蹴(いっしゅう)され…?

第4話(10月29日)

10月29日に放送された「第4話」の”あらすじ”は以下の通りとなります!

桑野(阿部寛)と母・育代(草笛光子)が久々の同居!悠々自適なお一人様生活を乱された桑野のストレスはピークに!?まどか(吉田羊)の意外な親子関係に桑野は…?

水漏れした自宅から避難し、娘の圭子(三浦理恵子)の家に泊まっていた育代(草笛光子)が、ささいなことで圭子とケンカをして桑野(阿部寛)の部屋に転がり込んでくる。部屋に人を入れない主義の息子のことなどお構いなしの母親を何とか追い返したい桑野は、仮住まいを用意させるべく、水漏れの原因を作ったリフォーム会社と交渉してほしいと、育代を連れてまどか(吉田羊)に依頼する。

その後、まどかから有希江(稲森いずみ)を紹介され、英治(塚本高史)とも久しぶりに再会した育代は、まどかに、息子のまわりにたくさんの人がいて安心したと胸の内を明かす。その言葉に母親の愛情を感じ、桑野と育代の母子関係にどこかうらやましさを感じたまどかは、「お母さんといると、自分の母親といるより落ち着きます」と、育代にある悩みを打ち明ける。

一方、桑野の元には圭子から電話が。意地を張って素直になれない圭子は、数日後に誕生日を迎える育代のために、今年は自分に代わって桑野に誕生日会を開いてほしいという。さらに、必ずプレゼントを渡すよう命じられ、困り果てた桑野は渋々まどかに相談しに行く。まどかから「要するに照れくさいという事ですね」と指摘され、痛いところを突かれた桑野が、思わず「自分はどうなんですか」とムキになると、まどかは「私は親不孝な娘なんです…」とポツリ。それを聞いた桑野は、いつもと違うまどかの様子に動揺してしまい…?

第5話(11月5日)

「まだ結婚できない男」の第5話として11月5日(火)に放送される放送話のネタバレ・あらすじについて、紹介します。

桑野(阿部寛)と母・育代(草笛光子)が久々の同居!悠々自適なお一人様生活を乱された桑野のストレスはピークに!?まどか(吉田羊)の意外な親子関係に桑野は…?

水漏れした自宅から避難し、娘の圭子(三浦理恵子)の家に泊まっていた育代(草笛光子)が、ささいなことで圭子とケンカをして桑野(阿部寛)の部屋に転がり込んでくる。部屋に人を入れない主義の息子のことなどお構いなしの母親を何とか追い返したい桑野は、仮住まいを用意させるべく、水漏れの原因を作ったリフォーム会社と交渉してほしいと、育代を連れてまどか(吉田羊)に依頼する。

その後、まどかから有希江(稲森いずみ)を紹介され、英治(塚本高史)とも久しぶりに再会した育代は、まどかに、息子のまわりにたくさんの人がいて安心したと胸の内を明かす。その言葉に母親の愛情を感じ、桑野と育代の母子関係にどこかうらやましさを感じたまどかは、「お母さんといると、自分の母親といるより落ち着きます」と、育代にある悩みを打ち明ける。

一方、桑野の元には圭子から電話が。意地を張って素直になれない圭子は、数日後に誕生日を迎える育代のために、今年は自分に代わって桑野に誕生日会を開いてほしいという。さらに、必ずプレゼントを渡すよう命じられ、困り果てた桑野は渋々まどかに相談しに行く。まどかから「要するに照れくさいという事ですね」と指摘され、痛いところを突かれた桑野が、思わず「自分はどうなんですか」とムキになると、まどかは「私は親不孝な娘なんです…」とポツリ。それを聞いた桑野は、いつもと違うまどかの様子に動揺してしまい…?

第6話(11月12日)

11月12日に放送された「第6話」の”あらすじ”は以下の通りとなります!

ついに“やっくん”の正体判明!桑野(阿部寛)が直接対決!?さらに、いとこの亮介の上京を機に、まどか(吉田羊)の過去が明らかに!田舎の母との間に何が…?

桑野(阿部寛)を悩ませる“やっくんのブログ”が、ついに検索ランキングの3位に浮上。いまだ正体が分からず、このままでは1位になる日も近いと焦る桑野は、まどか(吉田羊)にいら立ちをぶつける。2人がいつものように言い争っていると、そこへまどかのいとこ・亮介(磯村勇斗)が現れる。亮介は弁護士を目指して勉強中で、忙しいまどかを手伝うために長野から上京してきたという。しかし実は、同じく弁護士で、娘に自分の事務所を継いでほしいと願うまどかの母から、まどかが地元に戻らない理由を探ってくるよう、密命を受けていた。

そんな母の魂胆を見抜いたまどかは、かつて母親との間に何があったのか、自分の過去を亮介に打ち明けることに。しかし、亮介を連れて有希江(稲森いずみ)の店に向かうと、間が悪いことに、そこには桑野の姿が。案の定、まどかの話を聞いた桑野は黙っていられず、いつものように皮肉を連発してまどかを怒らせてしまう。しかし、そんな2人のやり取りを見ていた亮介は、あることを思いついて……。

一方、以前から、同じジムに通う薬丸(デビット伊東)こそが“やっくん”ではないかとにらんでいた桑野は、英治(塚本高史)の手を借りて証拠集めに奔走する。やがて、疑惑が確信へと変わった桑野は、ジムのサウナで薬丸を追いつめて…。

第7話(11月19日)

11月19日に放送された「第7話」の”あらすじ”は以下の通りとなります!

桑野(阿部寛)が店舗デザインに挑戦!一方、有希江(稲森いずみ)のカフェが閉店の危機!それを知った桑野は有希江に…?そんな両者の思わぬ関係にまどか(吉田羊)は…?

ある日、桜子(咲妃みゆ)から、店舗デザインの仕事を持ち掛けられた桑野(阿部寛)。人が住む家を作ることがポリシーの桑野は断るが、報酬が期待できるからという映子(阿南敦子)の圧に押され、とりあえず話を聞くことにする。

桑野の建築にほれ込んでいる依頼主の大島(岡部たかし)は、現在営業している店を閉め、全面的に作り替えると言う。話を聞くうちにがぜんやる気になった桑野だったが、改装前の店の写真を見せられがくぜん。その店とは、なんと有希江(稲森いずみ)のカフェだったのだ——!激しく動揺した桑野は、有希江に打ち明けようとカフェを訪ねるが、店にまどか(吉田羊)と早紀(深川麻衣)が居て言い出せずにいるうちに、話は思わぬ方向へ。なぜか桑野が自らの恋愛観を暴露する展開となり、気まずくなった桑野は、目的を果たせないまま、カフェを後にする。

事情を知らない有希江は、店の譲渡契約の直前になって店を退去するよう命じられ、困っていた。オーナー会社内のゴタゴタで、新店舗オープンの話が浮上していると言う。まどかは裁判で争うこともできると有希江を励まし、2人は新店舗の図面を見ることに。するとそこには桑野の名前が…!

そのころ桜子は、自分たちの結婚をなかなか桑野に報告しない英治(塚本高史)にいら立っていた。そもそも結婚に否定的な桑野が、自分たちを祝福してくれるはずもないという桜子に、英治は複雑な胸の内を明かし…。

 

スポンサードリンク //pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

まだ結婚できない男の各回の感想や口コミは?

第1話(10月8日)

1話のTwitterでの感想は色々なパターンが見受けられましたが、登場人物が前作と比べて多くて戸惑っている方々、一方、違和感なく楽しめた方々の2つにグループに大きく分けることができたのではないでしょうか。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

第2話(10月15日)

第2話のネットでの感想も、面白いや好みとか評判が良い感じの感想が多いことがわかりました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

第3話(10月21日)

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

第4話(10月29日)

感想

桑野はこじらせているおじさんですが、ところどころ可愛いんですよね。
香水をゲットするために不審者同然でお店の前をうろつく桑野。
早紀の部屋で盛り上がっている声が聴こえ、すねている桑野。
息を切らしながら育代を追いかけてプレゼントを渡す桑野。

そんな桑野と誰かがくっつくというラストなら個人的に有希江さん押しです。
何とも優しい。桑野と喧嘩にならないじゃないですか。

憎まれ口たたきながらも仲がいいまどかと、っていうパターンは王道な気がして、
もっと若い子同士のドラマでやってもらえればと思ってしまいます。
でもドラマで見る限り桑野が気になってしまっているのはやっぱりまどかのような気がします。
王道パターンとなるんでしょうかね。

このドラマのいいところは視聴者が嫌な気持ちになることも疲れることもなくほっこりと
観ることができるところですね。癒されました。

口コミ

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

第5話(11月5日)

感想

今回は、婚活に疲れた方々に観てほしい回でしたね。
無理に結婚しようとすることはないのです。

でしたが、私はまどかのことが気になりました。
まどかも相当面倒な人間で、桑野のことが好きで好きでたまらないんだなーと。

まず、鎌倉旅行で有希江と早紀を好きなように振り回してましたね。
こういうタイプ、グループに一人はいると思います。
まどかみたいなタイプの女性とは、長く行動を共にすると疲れるので、
たまに飲みに行く程度がベストですw

そして、まどかは桑野の言うこと言うことすべてが気に障るんですね。
もう大好きすぎるでしょとにやにや観てしまいました。
正直で素直な人ですね、まどか。

そして最後に、稲森いずみの浴衣姿が綺麗すぎましたw

口コミ

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

第6話(11月12日)

感想

今回はまどかの母親との話がメインだったかと思うんですが、やっくん(勘違い)との接近戦に目が行ってしまいました。
まどかの話はなんだかおまけのように感じてしまったのは私だけでしょうか。

そして今回、桑野がまどかに対してなかなか素直でしたね。
デリカシーのない発言を謝ったり、ブログの件で「仕事してない」だの文句言ったことを謝ったり。
まどかのほうも素直に桑野にお礼を言えたし、二人の距離がまた近づいている感じがします。

やっくんの正体も分かったし、まどかも母親と話せたし、すっきり終わった良い回でしたね。
個人的にはもう少し稲森いずみの出番が欲しかったのですがw

口コミ

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

第7話(11月19日)

感想

今回の桑野さんは、好感度高めでしたね。
それにいつもより元気に見えました。いつも楽しそうではありますが。
まず、有希江さんを立ち退かせようとしていた専務の大島の悪行を暴き、有希江さんを救いました。
そして、最後に有希江さんに看板をプレゼント。
何、いい男じゃないですか。
桑野さんみたいな癖ありすぎ男でもキュンとしてしまいますよね。

また、女子会に混ざり恋バナをしている場面なんかとてもイキイキしていましたね。
まどかとの掛け合いがとっても仲良くて、こちらまで嬉しくなっちゃいました。
まどか、有希江→桑野という恋模様ですが、意外と誰ともくっつかないでほしい願望です。w

他人に興味がないと言われがちですけど、有希江さんやまどかの話にすぐ口を出したがる辺り、やっぱり優しい人ですよね。
ただただ、微笑ましい和やかな回だったと思います。

口コミ

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

関連記事としてまだ結婚できない男がいつから始まるか紹介している記事まだ結婚できない男を見逃した場合の対応方法を紹介した記事などがあります。

スポンサーリンク https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。