世界を震撼させた70秒KOの“衝撃”再び!井上尚弥が英国グラスゴーで世界王座統一へ向けてWBSS準決勝に挑む!

5/19番組内容

WBA世界バンタム級王者の“モンスター”井上尚弥がWBSS(ワールドボクシングスーパーシリーズ)準決勝に挑む。

IBF同級王者のエマヌエル・ロドリゲスとの大一番は、現在バンタム級において世界的に最も評価の高い無敗王者の両者が激突する事実上の最強決定戦。

イギリスのグラスゴーで行われる、究極の決戦を制するのは井上か、ロドリゲスか!?

関連記事

関連記事として、井上尚弥選手の強さの秘密について紹介した記事を示します。

⇨関連記事:WBA世界バンタム級王者 井上尚弥選手の強さの秘密

予告動画

フジテレビの予告動画を紹介します。

対戦レビュー

試合前インタビュー

井上尚弥選手の試合前のインタビューによると、コンディションは最高とのこと。

また、対戦相手であるエマニュアル・ロドリゲス選手の試合前のインタビューでも、コンディションが万全であることを発信しています。

第1round

対戦相手のエマニュアル・ロドリゲス選手から攻勢・プレッシャーを仕掛けてきました。井上尚弥選手は、この1roundでの感触でパンチを当てたら倒せるという感覚を掴んでいたという。

第2round

井上尚弥選手がラウンドの立ち上がりから、1roundと打って変わってリラックスした様子で攻勢を仕掛けた。エマニュエル・ロドリゲス選手は1round目の疲れが出たのか、1round目で受けたガードの上から受けた井上尚弥選手のパンチのダメージが想定していたよりも大きかったのか、明らかに失速した様子であった。

井上尚弥選手のパンチがクリーンヒットし、エマニュエル・ロドリゲス選手はダウンして崩れた。その後、井上尚弥選手の追い打ちにより、2回、3回とダウンを奪われ、井上尚弥選手が勝利した。

前回の準々決勝のパヤノ戦に引き続きパーフェクトな試合内容!井上尚弥選手が対戦する対戦相手の中で、前評判が最も高いIBFチャンピオンを一掃した。

WBSS 決勝戦情報

対戦カード

井上尚弥 vs ノニト・ドネア

開催予定

2019年秋予定

開催地

未定

放送局

未定

放送時間

未定

こちらで調査をしたところ、ネットにはまだ十分な情報は公開されていませんでした。

この内容は今後も調査を続け、新たな情報が公開され次第加筆をさせていただきます。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA