ハンターハンター キルアの強さの検証・念能力の解説

ハンターハンターの大人気キャラ、ゾルディック=キルア

主人公のゴンと親友の関係にもあり、初めからハンター協会会長選挙編まで幅広く登場し、数々の活躍を残してきました。

作中でもかなりの強さを見せ、ゴンと共に多くの敵を倒しています。

そんなハンターハンター随一のポテンシャルを秘めたキャラクターの1人であるキルア。

彼の強さと能力を解説し、その魅力を大公開していきます!

スポンサーリンク

キルアとは?これまでの情報まとめ

プロフィール

ハンターハンターの主人公であるゴンの親友であり、世界一の殺し屋一族であるゾルディック家を家族に持つ、作中きっての人気キャラ。

そんなキルアはいったいどんな人物なのか。

まずはプロフィールを見ていきましょう。

・第288期ハンター試験合格者
・7月7日生まれ(登場時点で12歳)
・身長158cm、体重45kg
・血液型A型

パドキア共和国出身で、ククルーマウンテンにある、伝説の暗殺一家である「ゾルディック家」の三男である。

ハンター試験を受けたのは、ただの暇つぶし。

ゴンらと同じ、287回目のハンター試験に受けるが、反則により落ちてしまう。

しかし、翌年の288回も受け、その年の唯一の合格者になる。

性格

冷静沈着で頭の回転が速い。しかし、子どもらしい一面もあり、ゴンと一緒にふざけているシーンも多々見られる。

幼いころ挑戦した天空闘技場の巨額なファイトマネーを全てお菓子に使ってしまうなど、金銭感覚が狂っている描写もあり。

自分の強さへのプライドも高く、ハンター試験中に自分よりも評価を得たゴンに対して嫉妬してしまうなど、ゴンへのライバル心も人一倍強い。

これまでに活躍した話

・ハンター試験

・天空闘技場

・グリードアイランド編

・キメラ・アント編

・ハンター試験

・天空闘技場

・グリードアイランド編

・キメラ・アント編

などなど、ハンター協会会長選挙編まで、ほぼ主人公のゴンと共に行動しているため、登場回は他のキャラクターに比べ、一段と多くなっている。

キルアの強さを検証

ハンターハンターの準主役と言ってもいい存在のキルア。

再登場を心待ちにしている読者も多いと思います。

そんな彼の魅力の1つでもある強さを見ていきましょう。

キルアの強さ

①世界一の暗殺一家の息子

キルアの強さの根源にあるもの。それは何といっても、世界一暗殺一家であるゾルディック家の一員である、と言う事です。

小さいころから、殺し屋の家業を継ぐように英才教育を受けていました

キルアの父親はシルバ。

そのシルバの息子はキルアを合わせて5人いるのですが、その息子たちの中でもキルアは才能があると言われていました。

もともとポテンシャルが高い一家の中でもずば抜けた才能を持っているとされているキルア。

強くないわけない、と言った感じでしょうか。

②訓練により獲得した耐久性

ゾルディック家が最強の暗殺一家である所以は、幼少期から行われる特殊な訓練にあります。

その内容は、高圧電流をずっと浴びせられたり、あらゆる毒に耐性がつくように沢山の種類の毒を摂取していたり、あらゆる拷問にも耐えられるようにする訓練など、考えられないような厳しい条件の訓練です。

キルア自身もその訓練を毎日のように受けており、その結果、敵の毒に対して効果がなかったり、念能力においてのヒントになったりなど、役に立っている場面は山ほどあります。

キルアが家族に黙ってハンター試験を受けに行き、そのことを兄のミルキに説教されている時も、鞭で全身を叩かれ血だらけになっていましたが、本人は何とも思っておらず、特にダメージを負っている雰囲気もありませんでした。

幼少期から行われていた厳しい訓練によって獲得したその耐久性は、本作でも指折りのものと言えるでしょう。

③類まれな暗殺技術

ゾルディック家の訓練の内容としてもう1つ挙げられるのが、代々伝わる暗殺術です。

作品内でもいくつか登場しているので見ていきましょう。

⑴肢曲(しきょく)

足運びに緩急をつけて、自分自身の残像を生じさせる技です。

ドラゴンボールで言う所の残像拳のようなものでしょうか。

「暗歩」という無音歩行術を応用した高等技術になります。

キルア自身、音を殺して歩くことが癖になっているほどなので、完璧にこの肢曲を使いこなせていました。

⑵心臓を奪う

文字面だけでも強力な技だとわかりますね。()

キルアの戦闘シーンでかなり印象に残っているものだと思いますが、ジョネスと戦った際に見せた技です。

文字通り、相手の心臓を奪うもので、気付いた時にはキルアの手の上に心臓がある、といったもの。

手の構造を変化させて、ナイフ以上に切れる爪を形成し、それによって抜き取る技のようです。

キルアの父親であるシルバは、血も出さずに心臓を抜き取ることが出来るらしく、改めてゾルディック家の恐ろしさを確認できますね。

⑶関節外し

相手に捉えられてしまった時など、自分の関節を思いのままに外して抜け出すことが出来ます。

幻影旅団に捕まった際に使用したもので、途轍もないスピードで披露されたことが分かりますね。

キルアの登場・活躍したシーン

ハンター試験編から選挙編まで、幅広く活躍しているキルアですが、その中でも記憶に残る活躍をしたシーンを紹介していきたいと思います。

①vs.ジョネス

先ほども少し述べたジョネスとの一戦。作品内ではキルアの初戦となります。

登場時から強そうな雰囲気は出していたキルアですが、実際にどれほどなのか楽しみにしていた読者の方は多いハズ。

そしてその相手は、手の指だけで人の肉をえぐり取ってしまう「ばらし屋」の異名を持つ大犯罪者です。

どんな死闘が繰り広げられるのかと思いきや、開始わずか数秒でキルアがジョネスの心臓を奪って潰してしまい、ゲームセット。

キルアの強さを知らしめることになったデビュー戦になりました。

②vs.サダソ&リールベルト

天空闘技場での一戦です。

念を覚えての初戦になりますが、まだまだ未知数の念能力者との戦いで、どんな展開になるかと思いきや、こちらも楽々と勝利を収めます。

元々の天才的な戦闘技術に念能力が付加されて、とんでもなく強くなったキルアを垣間見ることの出来る一戦でした。

③vs.蚊のキメラアント

キメラ・アント編での初戦です。

それまでの作品の雰囲気とは少し変化して、登場人物の死がかなり近いものになった章での一戦という事で、かなり緊張感のある戦いになりました。

キメラアントの強さもまだ確立しておらず、どんな戦いになるかドキドキでしたが、毒耐性も功を奏し、久々に「殺す」という事にスイッチを入れたキルアの前にはキメラアントも無残に殺されてしまいました。

暗殺者としての能力な高さを再確認できる一戦です。

④vs.ラモット

キルアの強さをより強固にした特別な一戦です。

今までのキメラアントとは格が違う強さのラモットを前にして、「確実に自分が勝てる相手でない場合はすぐに逃げろ」というイルミの呪縛に苦しめられるキルア。

自分が逃げると親友のゴンが殺されてしまうという状況でどうすればいいのか分からず足がすくんでいましたが、頭に刺さっていたイルミの念能力の針の存在に気付き、それを抜き取る事で呪縛からも解放されます。

頭がすっきりしたキルアは、今まで苦戦していたラモットを一撃で撃破。

呪縛から解放され覚醒し、キルアの強さはまた一つ上のステージに上ることになります。

スポンサードリンク

キルアの念能力の解説

主人公であるゴンの側にいて、いつも支えているキルア。

そんなキルアの強さが分かったところで、彼の念能力について見ていきたいと思います。

系統は「変化系」

キルアの念能力系統は変化系です。

ヒソカの系統診断では、変化系は「気まぐれで嘘つき」となっています。

当たっていますね…()

変化系の能力者は、自分自身の念を何かに変化させることが出来ます。

そしてキルアは、念を電気へと変化させることを思いつきました。

これは、幼少期の訓練であった高圧電流を浴びせられていたことがヒントになっています。

相手にも自分にも使える!?

キルアの念能力の凄い所は、使い勝手がとにかく良い所です。

電気なので、相手への攻撃にも使えて、自分自身の身体能力上昇にも使うことが出来ます。

ここまで計算してこの能力にしたのならば、やっぱり天才ですね。

バラエティ豊富な技の数々

そんな使い勝手のいい「電気」という能力。

それを利用した技の数々を見ていきましょう。

①落雷(ナルカミ)

文字通り、相手の上から雷を落とす技です。

威力はかなりあり、ラモットにもそれなりのダメージを与えていました。

キメラアントの王直属の護衛軍であるユピーに対しても、一瞬動きを止めるほどの電撃でした。

②電掌(イズツシ)

掌をスタンガンのようにして、相手の動きを止める技です。

グリードアイランド編で、サブに対して使用しました。

③神速(カンムル)

電気の負荷を自分自身にかけ、潜在能力をアップさせて超スピードを発揮する技です。

この神速を利用した派生技が以下の2つ。

⑴電光石火(でんこうせっか)

高速での移動に特化したもの。

自分自身の意思で体を動かし、トップスピードを上昇させます。

⑵疾風迅雷(しっぷうじんらい)

相手の動き・オーラに合わせて自動的に身体を動かすもの。

反射的なものを利用して、相手の攻撃を回避、その流れでカウンターまでも繰り出すことの出来る技です。

この技はユピーにも効果的であったので、かなりの上級者にも対応できる技になっています。

以上がキルアの念能力になります。

全ての技の汎用性が高く、高水準の念能力になっていますね。

これに持ち前のポテンシャルが加わるので、キルアと言うキャラクターのスペックの高さが垣間見えます。

結論・まとめ

作中随一のスーパーポテンシャルキャラであるキルア。

彼の過去を見てみると、その強さに疑いはないですね。

念能力の汎用性も高く、身体能力はピカイチ。ゴンとの深い絆も、強さの根源になっているのだと思います。

作中では現在は、ゴンと別れ、アルカと共に旅をしています。

暗黒大陸編では出番はないのでしょうか?

キルアの師匠であるビスケがクラピカと共にブラック・ホエール号に乗船しているため、その関連で活躍する可能性もあります!

登場すると華やかになる魅力的なキャラクターでもあるので、再登場を期待しておきましょう!

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA