【ハンターハンター】ビスケの声優は誰?真の姿の時の声優も特定!!

ハンターハンターに登場するビスケことビスケット=クルーガーは、二つ星のストーンハンターであり、戦闘能力が非常に高いゴンとキルアの師匠です。

自分自身を体格を完全に変化させることができる能力を持っていて、自らの意思で変化を起こす(幼い姿⇔真の姿)ことが出来ます。

真の姿は、ごつごつした筋肉の持ち主で、ネテロが創設した心源流拳法の師範であり、体術レベルも非常に高い57歳のおばさんです。

本記事では、ビスケの幼い姿と真の姿の時の声優について紹介します。

スポンサーリンク

 

幼い姿の時の声優は誰?

Image

ハンターハンターのビスケ役の幼い姿の時の声優は、横山智佐さんです。

プロフィール

プロフィール
愛称 ちーちゃん、ちさタロー
性別 女性
出生地  日本・東京都墨田区東墨田
生年月日 1969年12月20日(49歳)
血液型 B型
身長 158 cm
職業 声優、女優
事務所 横山智佐事務所「バンビーナ」
配偶者 あり
活動
活動期間 1987年 –
デビュー作 ナラ・フェリス(『ブラックマジック M-66』)

声優のキャリアは豊富であり、様々な性格の少女〜大人の女性を演じています。

頻度は少ないですが少年役の経験もあり、黄色いドラえもんの声を担当したことでも知られています。

また、音楽活動にも積極的であり、三ツ矢雄二総合プロデュースの下、鈴木真仁と音楽ユニット「Pink Rainbow」を組んでいます。

 

スポンサードリンク

真の姿の時の声優は誰?

Image

ハンターハンターのビスケ役の真の姿の時の声優は、萩野崇さんです。

プロフィール

本名 萩野 崇
生年月日 1973年5月27日(46歳)
出生地  日本 東京都
身長 182 cm
血液型 B型
職業 俳優、声優
ジャンル テレビドラマ、映画、舞台
活動期間 1991年 –
活動内容 1991年:俳優デビュー
1996年:『超光戦士シャンゼリオン』
2002年:『仮面ライダー龍騎』
配偶者 独身(結婚歴あり)
主な作品
映画 
『劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL』


テレビドラマ
『超光戦士シャンゼリオン』
『仮面ライダー龍騎』

1991年に俳優デビューしました。

1996年には『超光戦士シャンゼリオン』の主人公の私立探偵、涼村暁 / シャンゼリオン役で主演を務め、2002年には『仮面ライダー龍騎』のメインキャラクターの1人で凶悪殺人犯、脱獄犯、浅倉威 / 仮面ライダー王蛇役を演じ、正義と悪のヒーローの両方を演じた俳優の1人となりました。

性別が男の方が、筋肉モリモリのマッチョの女性の声優の役を担っているのですね。この姿で女性の声だったら迫力がないからでしょう。

スポンサードリンク

 

ネットの反応は?

ビスケの声優についてはネットで様々な意見が集められていました。

 

まとめ

ンターハンターに登場するビスケことビスケット=クルーガーは、二つ星のストーンハンターであり、戦闘能力が非常に高いゴンとキルアの師匠です。

自分自身を体格を完全に変化させることができる能力を持っていて、自らの意思で変化を起こす(幼い姿⇔真の姿)ことが出来ます。

真の姿は、ごつごつした筋肉の持ち主で、ネテロが創設した心源流拳法の師範であり、体術レベルも非常に高い57歳のおばさんです。

本記事では、ビスケの幼い姿と真の姿の時の声優について紹介しました。

以下の結論となりました。

  • ハンターハンターのビスケ役の幼い姿の時の声優は、横山智佐さん
  • ハンターハンターのビスケ役の真の姿の時の声優は、萩野崇さんです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA