ボクらの時代の過去動画 小野伸二×高原直奏 ×稲本潤一の3人の黄金世代スペシャルトーク

『ボクらの時代』は、毎回さまざまなジャンルで活躍するゲストが集い、多彩な話題や事象を取り上げていくトーク番組です。

あえて司会者などを置かないことにより、ゲストたちの普段の顔・会話が垣間見られるような構成となっています。そのため、視聴者にとって尊敬・目標としている有名人(芸能人、アスリートなど)が普段、雑誌やTVで語られていないことを聴けるチャンスとなります。

日曜日の朝のささやかな一時を過ごせる番組です。

出演者の方々の、普段聞くことが出来ない各自の意見や考えを知ることが出来るのは良いことだし楽しいと思います。しかし、朝早い時間帯での放送であるため、見逃してしまう回が頻繁にあるのではないでしょうか。

このように、毎週楽しみにしている番組をどうしても外せない予定などや平日に溜まった疲れが多量にあり、朝早く起きることができずに見逃してしまった際に、あなたにお勧めなのが、”連続ドラマやドキュメンタリーは勿論、その他大量の映画やバラエティが無料視聴できる動画配信サービスです。

毎週日曜日の朝7時から放送しているトーク番組ともドキュメンタリー番組とも言われている「ボクらの時代」の”小野伸二×高原直奏 ×稲本潤一”の3人が出演した回に焦点を当てて、過去動画を紹介します。

また、「ボクらの時代」の過去動画を視聴できます。話題になった作品だけ過去動画として閲覧が可能の様です。

スポンサーリンク

ボクらの時代の過去動画 小野伸二×高原直奏 ×稲本潤一

2020年3月29日に放送された元日本代表の3選手である「小野伸二×高原直奏 ×稲本潤一」によるスペシャル対談が「ボクらの時代」で放送されました!

彼らがサッカーを始めたきっかけや、それぞれにとっての「ワールドカップ」、海外でのプレーに関する話題など、黄金世代と呼ばれた彼らのスペシャルなトーク内容です。

見逃してしまった方、もう一度見たい方、必見の過去動画がこちらです!

一人3役をこなす経営者 高原尚泰

高原尚泰は2015年に立ち上げた沖縄SVというサッカークラブを設立し、オーナー兼監督兼選手を務め、クラブ経営に取り組んでいます。

普段沖縄での仕事する時には、かりゆしウェアという沖縄ではスーツの様な扱いのものを着ていて、一方、東京などの内地(沖縄の人々が使う言葉で、沖縄以外の他府県を意味する)に来るときは、スーツを着用するとのことです。

一人で3役をこなす経営者である高原尚泰に、小野と稲本の2人は「簡単に出来ることではない」と感嘆の声を挙げました。

「一度だけサッカーをやめようと思った」苦い挫折 小野伸二

小野伸二は、”一度だけサッカーをやめようと思った”ことがあるという。「サッカーが好き嫌いとかじゃなくて、炎が消えかけた。」と話しました。

サッカーに対する情熱とかモチベーションというものが、無くなってしまうような出来事があったのだろうと番組を視聴している当時に思いました。

やはり2006年のドイツワールドカップのグループリーグの初戦でオーストラリアと対戦し3点取られて逆転負けしたことでやる気がなくなりかけたと話しています。

試合の詳細は、以下の通りです。
前半に中村俊輔の得点により日本が先制した。後半に入り、オーストラリアが前線に長身選手を投入してパワープレイを仕掛けてくると、日本は自陣ゴール前で耐える時間が続く。後半39分にロングスローのこぼれ球をオーストラリアの選手に決められ同点に追いつかれた。集中の切れた日本は5分後、8分後にもゴールを許し、1-3で逆転負けした。

J1クラブとは違う環境で闘う 稲本潤一

稲本潤一は、これまでのプロになってからの経歴は多くのクラブを渡り歩いたが、3人の中で最も輝かしい経歴と個人的に思っています。

稲本潤一の経歴は以下の通りです。
ガンバ大阪
─ アーセナル(イングランド) ─ フルアム(イングランド)
─ ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(イングランド) ─ カーディフ・シティ(イングランド)
─ ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(イングランド) ─ ガラタサライ(トルコ)
─ アイントラハト・フランクフルト(ドイツ) ─ スタッド・レンヌ(フランス) ─ 川崎フロンターレ

そんな男が現在所属しているチームがJ3のSC相模原というチームである。エリート街道を歩いてきた3人だからこそ、どうしても今まで所属してきたJ1クラブや海外クラブとの環境面などと比較をしてしまいます。

稲本潤一が所属しているSC相模原は、グラウンドの芝が人工芝であることやクラブハウスがないこと、練習や試合で使用した練習着やユニフォームは自分で洗わなければならないこと、などJ1との環境の違いを話しました。それに対して、かつて自身もSC相模原に所属していた高原は「頑張ってる」と感心していましたが、稲本には「意味深な発言やな」と突っ込みを入れられています。

視聴後の個人的な感想

ここでは、今日のボクらの時代の「小野伸二×高原直奏 ×稲本潤一」によるスペシャル対談を視聴した後の、個人的な感想を述べさせて頂きます。

自分はこの3人の世代とは5歳離れていて、中学生や高校生の頃に準優勝したワールドユースやオリンピックで活躍する彼らを憧れの目で見ていました。

そんな彼らが40歳になっても現役でサッカーを続けていることはとてもすごいことだと思います。私もサッカーを大学まで続けてきましたが、歳をとってもずっと続けていきたいと思います。

スポンサーリンク

小野伸二×高原直奏 ×稲本潤一が集まってトークしたお店は?

小野伸二と高原直奏、稲本潤一の3人が集まってトークしていたお店の名前は、「炭火×薪火×レストラン RIDE 品川 天王洲店」というお店です。

住所 東京都 品川区 東品川 2-2-24 天王洲セントラルタワーキャナルガーデン1F
交通手段 東京モノレール 天王洲アイル駅 中央口より徒歩4分
りんかい線 天王洲アイル駅 B出口より徒歩6分
JR品川駅 港南口から徒歩14分・車約8分
JR大崎駅 東口から車約9分
天王洲アイル駅から199m
 

Twitterでの反応

ボクらの時代 小野伸二×高原直奏 ×稲本潤一については、Twitterで様々なコメントが寄せられていました。

まとめ

『ボクらの時代』は、毎回さまざまなジャンルで活躍するゲストが集い、多彩な話題や事象を取り上げていくトーク番組です。

あえて司会者などを置かないことにより、ゲストたちの普段の顔・会話が垣間見られるような構成となっています。

日曜日の朝のささやかな一時を過ごせる番組です。

毎週日曜日の朝7時から放送しているトーク番組ともドキュメンタリー番組とも言われている「ボクらの時代」の”小野伸二×高原直奏 ×稲本潤一”の3人が出演した回に焦点を当てて、過去動画を紹介します。

また、「ボクらの時代」の過去動画を視聴できます。話題になった作品だけ過去動画として閲覧が可能の様です。

毎月 最大1200ポイントプレゼント キャンペーン実施中!初回の無料期間の1ヵ月間に解約すればすれば完全無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA